お問い合わせ

セミナー・イベント
SEMINARS AND EVENTS

補助金

2022年度    各種補助金についてご案内

※本情報は2022年5月27日時点での情報となります。
最新の情報につきましては弊社担当営業までご確認ください。

機械・ソフトウェア導入に利用できる各種補助金についてご案内致します。
弊社では下記の補助金について多数のご支援を行い、のべ200件以上の採択の実績がございます。
お気軽にご相談くださいませ。

おしらせ

ものづくり補助金11次締切分の申請受付が始まりました。(5月26日)

事業再構築補助金6次締切分の公募が始まりました。(3月28日)
事業再構築補助金4次公募の採択結果が発表されました。(3月3日)
IT導入補助金20222次締切分の申請受付中です。(5月16日~6月13日)

もの補助をはじめ、国の補助金の申請にはGビズIDが必要となります。ご検討ください
GビズIDの説明ページ

 

1. ものづくり補助金

11次申請受付中
工作機械やCAD/CAM等に利用できます。
10次公募より補助内容に変更がありました。
(従業員規模に応じた補助金上限額の設定、新しい枠の設定)

補助概要(11次締切分)
(1) 一般型

[通常枠]
補助上限:750~1,250万円 補助率:1/2~2/3
[回復型賃上げ・雇用拡大枠]
補助上限:750~1,250万円 補助率:2/3
[デジタル枠]
補助上限:750~1,250万円 補助率:2/3
[グリーン枠]
補助上限:1,000~2,000万円 補助率:2/3
 
(*)従業員規模によって補助上限が異なります。

(2) グローバル展開型
補助上限:3000万円、補助率:1/2~2/3

公募期間
11次締切分>
・公募開始:2022年5月12日(木)
・申請受付:2022年5月26日(木)
・応募締切:2022年8月18日(木) 予定
一般型・グローバル展開型とも同じスケジュールです。
本年の締切スケジュールは下記の通り予定されています。
ものづくり補助金は、2020年より通年公募となりました。概ね3か月ごとに応募締切・採択となります。都度採択となっており、不採択になった際でも次回以降に再申請することができます。
 ・5次締切:2021年2月22日
 ・6次締切:2021年5月13日
 ・7次締切:2021年8月17日
 ・8次締切:2021年11月11日
 ・9次締切:2022年2月8日
 ・10次締切:2022年5月11日
 ・11次締切:2022年8月18日予定

・申請には、GビズIDの取得が必要となります。
 取得には数週間~1か月程度要する場合があります。お早めに取得申請することをお勧めします。

★9次締切分の採択結果が発表されました。(2022年3月25日)
詳細:採択結果ページ
締切回 採択発表日 応募者数 採択者数 採択率
第1回 2020年4月28日 2,287 1,429 62.4%
第2回 2020年6月30日 5,721 3,267 57.1%
第3回 2020年9月25日 6,923 2,637 38.1%
第4回 2021年2月18日 10,041 3,132 31.2%
第5回 2021年3月31日 5,139 2,291 44.6%
第6回 2021年6月29日 4,875 2,326 47.7%
第7回 2021年9月27日 5,414 2,729 50.4%
第8回 2022年1月12日 4,584 2,753 60.1%
第9回 2022年3月25日 3,552 2,223 62.6%

応募の際は、準備が非常に大切になってきます。
着手金が必要なコンサルタントが多い中、当社では着手金が無料のコンサルタントの情報もございます。この機会に公募申請をご検討される場合はぜひ当社営業にご相談ください。

公式サイト:ものづくり補助金総合サイト

 

2. IT導入補助金

2次締切分 受付中
CAD/CAM、生産管理ソフトウェアの導入に利用できます。
通常枠(A、B類型)のほか、デジタル化基盤導入類型がございます。

補助概要
A類型: 150万円未満、補助率:1/2以内
B類型: 450万円以下、補助率:1/2以内

※デジタル化基盤導入類型は、会計・受発注・決済・ECの機能を
1種類以上含むITツールの導入が必要となります。

申請期間:2022年3月31日(木)受付開始
・1次締切分:2022年5月16日(月) 17時まで
・2次締切分:2022年6月13日(月) 17時まで
・3次締切分:2022年7月11日(月) 17時まで
・4次締切分:2022年8月8日(月) 17時まで

・申請には、GビズIDの取得が必要となります。
 取得には数週間~1か月程度要する場合があります。お早めに取得申請することをお勧めします。

公式サイト:IT導入補助金 公式サイト

 

3. 事業再構築補助金

6次公募 申請受付中
新分野展開や業態転換、事業・業種転換等の取組、事業再編又はこれらの取組を通じた規模の拡大等を目指す企業を支援することを目的としています。
事業における、建物費、建物改修費、設備費、システム購入費などに利用できます。

<公募期間(第6回)>

公募開始:2022年3月28日(月)
申請開始:2022年5月下旬~6月上旬予定
応募締切:2022年6月30日(木) 18:00まで

採択発表:2022年2月中〜下旬 予定

※申請にはGビズIDプライムアカウントが必要です。
取得には時間がかかるため、前もって準備しておくことをお勧めします。

 ・1次公募:~2021年5月7日
 ・2次公募:~2021年7月2日
 ・3次公募:~2021年9月21日
 ・4次公募:~2021年12月21日
 ・5次公募:~2022年3月24日
 ・6次公募:~2022年6月30日

<補助概要>

事業再構築6次 補助概要

・通常枠以外にも、大規模賃金引上枠、回復・再生応援枠・最低賃金枠・グリーン成長枠がございます。
・2021年12月20日以降に購入契約(発注など)を行った事業について、補助金の交付決定前であっても補助対象経費にすることができる事前着手承認制度がございます。(適用には予め事務局への申請・承認が必要です)

<活用イメージ>

★第4回公募の採択結果が発表されました。(2022年3月3日)
詳細:採択結果ページ
公募回 採択発表日 応募者数 採択者数 採択率
第1回 2021年6月18日 22,231 8,016 36.1%
第2回 2021年9月2日 20,008 9,336 44.9%
第3回 2021年11月30日 20,307 9,021 44.4%
第4回 2022年3月3日 19,673 8,810 44.8%
事業再構築補助金の第1回公募では、当社は30件以上の申請支援を行い採択率約67%でした。また第2回公募移行でも採択率60%で推移しております。今後もコンサルタントとの連携の上、お客様への支援を続けてまいります。

公式サイト:事業再構築補助金

 

4. 省エネルギー投資促進支援事業【令和4年度予算】

申請受付中
レーザー加工機をはじめ、エネルギー効率の良い工作機械への設備更改、高効率な空調設備などへの設備更改に利用できます。

公募・申請期間:2022年5月25日(水)~6月30日(木)

補助内容補助内容【事業区分C】
●対象設備
補助対象設備として、あらかじめ登録されている工作機械や設備などが対象です。

●補助額
設備の種別や能力ごとに補助単価が設定されています。

令和3年補正 省エネ補助金 補助金額

公式サイト:環境共創イニシアチブ

 

【参考情報】経営力向上計画(中小企業等経営強化税制)

2022年度末まで延長決定
機械、ソフトウェア、器具備品などの投資において、事業計画の認定を受けることで即時償却や法人税控除の優遇がうけられる制度です。

指定期間:2023年(令和5年) 3月31日まで

資本金3,000万円以下の企業 資本金3,000万超~1億円以下の企業
即時償却または税額控除10% 即時償却または税額控除7%
・生産性向上設備(A類型)
・収益力強化設備(B類型)
・デジタル化設備(C類型)
・経営資源集約化設備(D類型)
⇒ 2年延長

 短納期機のご希望などご相談ください。

主催:中小企業庁(支援事業ページへ)

 

 


終了分

躍進的な事業推進のための設備投資支援事業(東京都補助金)

受付終了(2回目)
工作機械やロボットをはじめ、CAD/CAMの導入に利用できます。
2021年4月1日現在で東京都内に登記簿上の本店または支店があり、都内で2年以上事業を営んでいる方が対象となります。(導入した設備を都外に設置する場合は、都内に本店があることが必要です)

申請予約期間:2021年10月13日(水)~11月11日(木) [ホームページ]
申請受付期間:2021年11月16日(火)~11月25日(木) [持参]
※申請には事前予約が必須となります。

【助成内容】

公式サイト:東京都中小企業振興公社

 

省エネ補助金(先進的省エネルギー投資促進支援事業費補助金)

受付終了
レーザー加工機をはじめ、エネルギー効率の良い工作機械への設備更改に利用できます。
従来のエネ合補助金の後継となる補助金ですが、制度が変更となっています。

公募・申請期間:2021年5月26日(水)~6月30日(水)

補助内容【事業区分C】
●対象設備
補助対象設備として、あらかじめ登録されている工作機械などが対象です。

●補助額
設備の種別・性能ごとに補助単価が設定されています。
(上限額:1億円/年度 下限額:30万円/年度)

(PDFが開きます)

公式サイト:環境協創イニシアチブ

 
弊社は工作機械の販売商社として、これまで多くのお客様の工作機械・ロボット等の導入支援を行ってきました。製造業に明るいコンサルタントとも連携し、補助金申請の支援も多く実績がございます。
補助金を活用した工作機械・ソフトウェアのご導入のご相談は弊社担当営業へご連絡頂くか、下記フォームよりお願い致します。
お問い合わせフォーム

2022年5月27日

お問い合わせはこちら